モンスターカレンダー

« 2013年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

2013年2月アーカイブ

 

神戸で体験したことを告白します。その日は先輩と会社の接待で神戸に行きました。

仕事は無事に成功し、達成感と安堵感で会社の先輩のテンションは上がり、

今日は風俗代をおごってあげると言い出しました。

 

普段は激安のヘルス店を月に2回位、早朝割引で利用している僕は、

遊びたいけれど遊べない状況が続いていたので

思わず、ヤッタ~!と声を張りあげ大喜びしました。

とにかくヌキタイ!気持ち良くなりたい!テンションは上がりまくりです。

先輩が知っているお店があるとのことで早速電話をかけてもらい予約を取ります。

 

ホテルに先に入り部屋で20分程待った所でチャイムの音が。

女性の顔、スタイルを見てビックリ。セクシーなスレンダー美人が

部屋に入るやいなや、いきなり背中から抱きついてきて僕の乳首を刺激してきます。

いつもの安いヘルス店と違い女性のレベルが相当高いので、動揺している

うちに素早く女性は僕に馬乗りになり、下着を剥ぎ取り僕の下半身があらわに。

もうこんなに勃っちゃって、なんてイヤラシい子なの。

と言いながら僕の胸を揉んできます。

 

何?どうしたら良いのかわからず不安な顔をしていた僕に女性はすぐ声を

かけてくれ、大丈夫、あなたはわたしに全身抱かれたら良いのよ。

安心して身を任せて、あなたを気持ちよくさせる方法をわたしは知っているから

優しくするね。

と今まで言われたことのない言葉で僕の心も癒してくれます。

密着しながらハンドフィニッシュで射精を終えた後、女性の手で亀頭責めに合い

悶絶している僕にむかって男の潮吹きって体験したことある?やってみようか?

と耳元で囁かれました。

亀頭が敏感になっているのか、あまりにも刺激が強すぎて

我慢できなかった僕は今回は途中で止めてもらいましたが、また次回

必ずチャレンジします。

 

 

神戸に住む私の友人は、今M性感にどっぷりはまり、ドライオーガズムの虜なんです。

昨日もその友人と電話していると、前立腺マッサージやらドライオーガズムやら、エネマグラやらトコロテンやら聞き慣れない言葉のオンパレードで、興味のまったくない私には良い感じの子守唄くらいにしか頭に入ってきませんでした。

なんで、そんなに彼はドライオーガズムにはまっているのか分からない私は、少しでも彼のことを理解出来ないかと、自分なりに少し勉強することにしました。

早速、家に帰り自宅のパソコンで「ドライオーガズム」と検索してみると、あるはあるはドライオーガズムに関する情報がたくさんヒットしたのです。

私は、そんなキーワードで検索してもヒットするのかと半信半疑でしたが、こんなにヒットしたことに正直びっくりしました。

それほど、ドライオーガズムは一般的に認知された言葉なのかと知りました。

さらに調べていくと、ドライオーガズムは前立腺マッサージと深い関係性があり、切っても切れない関係のようでした。

しかも、ドライオーガズムは簡単なプレイなのかと思ったら、全然間違いで、前立腺マッサージを何度も何度も繰り返し序所にお尻の開発をしていくことで、初めてドライオーガズムに達するかなりの努力と労力が必要らしいのです。

ドライオーガズムには専用の道具「エネマグラ」などもあったりとかなり奥が深そうでした。

ペニスを刺激せずに、前立腺マッサージを刺激することにより精液が出る「トコロテン」と言う非常に気持ちの良い射精もあるみたいでした。

私の知らない世界が世の中には多いんだなって実感してしまった今日この頃でした。

私もいつかは彼みたいに、前立腺マッサージやらエネマグラやらトコロテンやらと興奮気味に話す日が来るのかと考えてしまったのでした。